シュレッダーで個人情報を守る

個人情報を守るシュレッダーの利用はしていますか?
家庭用ゴミから個人情報が流出するケースも増えている現代、書類や明細書、不要になったカードやデータCDなどをシュレッダーにかけてから捨てるのは企業のみならず、家庭においても当たり前のこととなっています。
では、個人情報を守るにはどういったシュレッダーがいいのでしょうか。
ひと口にシュレッダーといっても「手動式」「電動式」があります。
手動式シュレッダーの特徴は安価ですが、容量が少なく、手回しです。
電動式シュレッダーの特徴は価格は張るものの、容量は多く、電動なので楽です。
家庭など、あまり頻繁にシュレッダーにかけるものがない場合は手動式でも十分だと思いますが、もちろん処分書類が多い企業などでは電動式でなくては大変です。
また、電動式には「刃の種類」があります。
「ヌードルカット」「クロスカット」「ダブルカット」「ダイヤモンドカット」などが存在します。
確実に個人情報処分をするためには、購入の際にこういった部分に注意しなくてはいけません。