シックハウス症候群になるかたが増えています。
もともとは子どもに多い症状でしたが、現在は大人にも見られるようになりました。
新築住宅には、シックハウス症候群の要因となる建材を使用していることがあります。
ほかにも、カビなどが原因となって発生することもあります。
シックハウス症候群になると、目の不快感やアレルギー症状の要因になったりします。
シックハウス症候群は、リフォーム後に発生することもあります。
シックハウス症候群を防ぐためには、換気をよくするのが最も効果的です。
天気が良い日は、窓を開けるようにしましょう。
また、カビが発生している場所があったら、通気性をよくしてカビを発生させないようにしましょう。
湿度が高い場所は症状が出やすいため、換気をよくする必要があります。
湿度というのは、高すぎても低すぎてもダメなのです。
リフォームのたびにシックハウス症候群になるというかたは、リフォーム業者に相談してみるのがよいでしょう。