私が子供の頃、「お尻だって洗ってほしい」という不思議なコマーシャルを見た。
便器から温水が噴出して、お尻を洗ってくれるものらしいという印象は得たが、それを見ていた両親がぼそっと言った言葉は「え?なんだか気持ち悪い。
」でした。
当時はあまりに斬新な発想だったので、我が家では、びっくりという感じで、なんだかウォシュレットに対する正しいイメージができなかったのです。
ところが、ウォシュレットというのは、実際に使ってみるととても快適ですので、発売後、何年かするとウォシュレットが家の標準設備にまでなっていったのです。
そして、我が家にも当然ウォシュレットがあります。
いざ使ってみると、ウォシュレットはとてもいいなと私は思っています。
1.お尻がいつでも清潔に保てる。
2.便秘の時にムーブ機能を使うと、便意が促進される。
3.痔のときも快適。
他にもいろいろありますが、とにかく使うと気持ちよいのです。
ウォシュレットは理屈抜きにすばらしいなと思います。